川崎市の不動産売却ならセンチュリー21 LIFE HOME > 株式会社LIFE HOMEのスタッフブログ記事一覧 > 空き家を賢く売るために重要なポイントとは?詳しい売却方法も解説

空き家を賢く売るために重要なポイントとは?詳しい売却方法も解説

≪ 前へ|不動産売却における固定資産評価証明書とは?用途や取得方法もご紹介   記事一覧   一戸建て購入後屋根の修理をしたい方!屋根修理の時期などを解説|次へ ≫

空き家を賢く売るために重要なポイントとは?詳しい売却方法も解説

自分の意思で購入した訳ではなく、親族からの相続などによって空き家が手に入ってしまい、利用方法に困っている方は少なくありません。
不動産は使っていなくても税金などの費用がかかるため、できるだけ賢い方法で早く手放したいと思っている方も多いのではないでしょうか。
今回はそんな方に向けて、空き家を貸す・売るメリットやデメリット、空き家の売却方法、空き家の売却で重要なポイントについてご紹介していきます。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

空き家を売る場合と貸す場合のメリットやデメリットとは?

空き家を売る場合と貸す場合のメリットやデメリットとは?

所有する空き家を貸すか売るかで悩んでいるという方へ、どのような基準で判断すべきか解説します。
まずは貸し出すことを考えている方のために、賃貸のメリットとデメリットについてお伝えします。

空き家を賃貸に出すメリット

賃貸に出す最大のメリットは、煩雑な売却手続きをおこなわなくて済むことではないでしょうか。
売却して家を手放す場合、その後の維持管理費はかからなくなりますが、不動産の売却取引自体が売主にとって煩雑で、少なからず負担があります。
より簡単で売りやすい方法も選択できますが、所有者が変わることから然るべき手続きを踏まないとトラブルになってしまうこともあります。
そういった面倒を避けるには、賃貸に出すのが有効です。
また、売却すると一時的に金銭が入ってきますが、賃貸では家賃収入を継続的に得られます。
住む人がいると建物も傷みにくくなり、結果として建物自体の寿命が延びるメリットもあります。

空き家を賃貸に出すデメリット

賃貸に出すと家賃収入が得られて売却の手間が省けますが、もちろんデメリットになってしまう要素もあります。
家賃収入を安定的に得るためには、入居者が絶えず入っている必要があります。
入居条件があまり良くなかったり、あまり人が住んでいなかったりすると、入居希望者がなかなか見つからず、ケースによっては売却の方がすぐに決まることもあるのです。
借主が見つからないと、管理費をただ支払い続けることになり、空き物件を所有し続けることと何ら変わらなくなってしまいます。
もし入居者が現れても、建物の管理・メンテナンス費用は所有者の負担になる点にも注意が必要です。
その物件にどれくらいの投資価値があるのか、どれくらいの管理費用がかかるのかを明確にしたうえで行動に移さないと、かえって損をしてしまう可能性があります。

空き家を売りに出すメリット

空き家を売却する一番のメリットは、さまざまな売却方法のなかから物件に適した売り方を選択できることです。
中古物件の場合、不動産会社と媒介契約を結んで購入希望者を探す方法が一般的です。
しかし、相続した物件の場合には、なるべく早く手放したいと考える方も少なくありません。
そのような方のために、不動産会社による買取で空き家を手放すという方法もあります。
買取の他にもいくつかの売却方法があるので、そちらも後ほどご紹介いたします。
売却方法についてお悩みの際は、どの売却方法が適しているのか、不動産会社に相談しましょう。

空き家を売りに出すデメリット

売却するデメリットとしては、売却諸費用がかかることが挙げられます。
売却諸費用には仲介手数料、測量費、抵当権抹消の登記費用、売買契約書に貼付する印紙代などが含まれます。
諸費用は売却する物件によって異なりますが、少なくはない費用が必要になるので、あらかじめ自己資金を用意しなければなりません。
また、実際の売却活動は不動産会社と媒介契約を結ぶことで一任できますが、それでも売却には手間と時間がかかります。
賃貸として貸し出すよりも手間や時間、金銭が必要になるのが売りに出すデメリットだと言えるでしょう。

空き家を売却する3つの方法とは?

空き家を売却する3つの方法とは?

先ほど、売却にはさまざまな方法があり、物件にあった売却方法を選べるとご紹介したとおり、空き家の売却には3つの基本的な方法があります。

①古家付き土地として売却する

1つ目は、物件をそのままの状態で土地とともに売却する方法です。
建物が比較的新しく、手を入れればまだまだ利用できる状態であれば非常におすすめです。
最近では、あえて古い物件を購入して自分好みにDIYする方も多いため、ダメージの少ない中古物件の需要が高くなっています。
また、解体も不要であるため、時間やコストがかからず素早く売りに出せることが魅力のひとつです。
一方、価格が安くなりやすく、好条件で手放すことが難しくなる場合もあるため、注意が必要です。

②空き家を解体して更地として売却する

2つ目は、空き家を解体して更地にしてから売りに出すという方法です。
更地であれば購入者希望者にとっても建築後のイメージが湧きやすく、売りやすい方法といえるでしょう。
しかし、解体にはコストや時間がかかるため、それらを考慮したうえで検討することをおすすめします。

③空き家をリフォームやリノベーションして売却する

3つ目は、空き家をリフォーム、もしくはリノベーションして付加価値を付けて売り出す方法です。
リフォーム・リノベーションをして老朽化した部分を改善したり、物件として魅力的なポイントを追加することで、物件価値の上昇や早期売却が期待できる可能性があります。
一方、工事が必要であるため、売却までに時間と費用がかかるのは考慮すべきポイントです。

空き家の売却で確認すべき重要なポイントとは?

空き家の売却で確認すべき重要なポイントとは?

ここからは空き家を売却する際に必ず確認しておくべき注意点や重要なポイントをご紹介します。
まず注意すべきは、隣地との境界標や境界線です。
住んでいなかった土地を相続した場合、境界標が経年によりなくなってしまい、どこまでが所有地なのか曖昧になってしまっていることも多くあります。
ここで隣接している土地や物件の所有者と先に話をつけておかないと、売買契約が成立してからトラブルになってしまうこともあります。
また、これも隣地との境界線問題と深く関わってきますが、売主は自分の目で物件の状態を把握しておくことが非常に大切です。
万が一、契約時点で買主に知らせていなかった欠陥が見つかった場合は、引き渡し後であっても売主が責任を負わなければなりません。
とくに長い間放置されていたり、築年数が経っていたりする場合、物理的な欠陥が見られることも少なくありませんので、物件がどのような状況なのかを必ず売る前に確認しましょう。
その他にも、どれくらいの金額で売りたいのか、どれくらいの期間で売却したいのかもあらかじめ決めておきましょう。
計画を詰めずに行動を始めてしまうと、想像以上に時間がかかったり、想定よりも費用がかかったりしてしまうこともあります。
あまりに短い期間で売却しようとせず、長期戦を覚悟したうえでしっかりと計画を立ててから売却することをおすすめします。

まとめ

空き家を手放す際には大きく分けて貸す場合と売る場合の2つの方法があります。
貸す場合は継続的な家賃収入が得られ、売却よりも手続きが簡単というメリットがありますが、同時に空室によって家賃収入が得られないリスクもあります。
反対に売る場合はさまざまな手続きが必要で、少なくはない諸費用がかかるものの、その空き家に適した売却方法を検討可能です。
空き家の売却方法には、古家付き土地として売る方法、更地にして売る方法、空き家をリフォーム・リノベーションして売る方法の3つの方法があります。
売却を検討する際は、境界標や物件の状態の確認や、綿密な計画を立てることを必ず意識しましょう。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産売却における固定資産評価証明書とは?用途や取得方法もご紹介   記事一覧   一戸建て購入後屋根の修理をしたい方!屋根修理の時期などを解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


小田急線「狛江」グランドメゾン狛江

小田急線「狛江」グランドメゾン狛江の画像

価格
7,280万円
種別
中古マンション
住所
東京都狛江市和泉本町1丁目
交通
狛江駅
徒歩6分

東急東横線「大倉山」大倉山コーポラスB棟

東急東横線「大倉山」大倉山コーポラスB棟の画像

価格
1,899万円
種別
中古マンション
住所
神奈川県横浜市港北区大倉山4丁目
交通
大倉山駅
徒歩9分

グリーンライン「高田」新築戸建て

グリーンライン「高田」新築戸建ての画像

価格
9,280万円
種別
新築一戸建
住所
神奈川県横浜市港北区下田町5丁目
交通
高田駅
徒歩11分

ブルーライン「仲町台」ユーロハイツ仲町台

ブルーライン「仲町台」ユーロハイツ仲町台の画像

価格
6,098万円
種別
中古マンション
住所
神奈川県横浜市都筑区仲町台3丁目
交通
仲町台駅
徒歩6分

トップへ戻る