川崎市の不動産売却ならセンチュリー21 LIFE HOME > 株式会社LIFE HOMEのスタッフブログ記事一覧 > リノベーションは500万円でどこまでできる?依頼する際の注意点もご紹介

リノベーションは500万円でどこまでできる?依頼する際の注意点もご紹介

≪ 前へ|相続税の物納制度とは?利用できる土地の特徴や利用メリット   記事一覧   浸水想定区域とは?家の売却価格への影響や売却時のポイントをご説明|次へ ≫

リノベーションは500万円でどこまでできる?依頼する際の注意点もご紹介

マイホームを購入した方のなかには、500万円くらいでリノベーションしたい方もいらっしゃるのではないでしょうか。
リノベーション工事は、施工箇所によって費用相場が異なるため、どこまでできるかを事前に把握するのも大切です。
この記事では、予算500万円でどこまでリノベーションできるのか、注意点についてもお伝えしますので、参考にしてみてください。

株式会社LIFE HOMEへの問い合わせはこちら


予算500万円のリノベーション工事はどこまでできる?

予算500万円のリノベーション工事はどこまでできる?

気に入って購入したマイホームであっても、水回りや間取りを変えたくなるケースも珍しくありません。
リノベーション工事をおこなうと快適に暮らせますが、マンションや一戸建てなど物件によってどこまでできるかは異なります。

マンションは500万円でどこまでリノベーションできる?

広さにもよりますがマンションの場合は、お風呂やトイレ、キッチンなどの水回りなどの更新が可能です。
壁紙や床材の張り替えはもちろん、壁の撤去も含む大規模な間取り変更もできます。
ベランダなどの共用部分は実施できませんが、物件の築年数や間取りによっては、フルリノベーションも夢ではありません。
間取り変更にともない、収納スペースを増やすなども工事をおこなうメリットです。
しかし、マンションでは建物全体への影響が大きいため、給排水設備の位置は変更できません。
キッチンのレイアウト変更などできない工事もありますが、設備の更新や食器洗浄乾燥機の導入などはできます。
同じ配管設備を活用して、キッチンの向きを変える、浴室内を一新するなどどこまでできるかを施工会社に相談してみるのも一案です。
どこまでできるかも大切ですが、どこをどのように変えたいかを明確にしておくと、予算内で収まりやすくなります。

500万円でできる一戸建て住宅のリノベーション

一戸建て住宅は、築年数が経過すると、水回りや内装にくわえ外壁や屋根のメンテナンスも必要です。
リノベーションの一環としてメンテナンス工事をおこなうのも可能ですが、500万円をオーバーしてしまいます。
そのうえ、耐震性能の向上など構造部分にかかわる工事は費用も高額です。
その点を踏まえ、住宅内部の設備を更新するほか、間取りの変更などに絞ります。
また、段差の解消などのバリアフリー化工事をおこなっておくと、高齢になってからも安心して暮らせる点がメリットです。
住宅内部のメンテナンス作業を楽にする目的で、和室をフローリングに変えるなども検討しましょう。
大規模な間取り変更で耐震性能の低下が気になるときは、障子や襖の部分をパネルなどに変更するなど、柱を撤去しない工事にすると予算内に収まりやすくなります。
メインの工事箇所を決め、小規模な工事を組み合わせるなどの工夫が必要です。

▼この記事も読まれています
20坪・30坪・40坪それぞれの土地の広さと建てられる建物

総額500万円のリノベーション!施工箇所別の費用相場

総額500万円のリノベーション!施工箇所別の費用相場

キッチンやトイレの設備更新をメインにして、リビングなどのリノベーションを組み合わせると、予算内で落ち着きやすくなります。
具体的に施工箇所別の費用相場もお伝えしますので、組み合わせる際の参考にしてみてください。

マンションの水回りをメインにしたプラン

キッチンの小規模な変更は30万円から実施できますが、90~120万円が相場になります。
設備を入れ替えて収納を増やす、カウンターキッチンに変更してリビングの家族とのコミュニケーションを増やすなどの工事です。
浴室は、浴槽の更新をメインにすると80~120万円が目安になります。
洗面所やトイレは、それぞれ20~30万円でフルリノベーションが可能です。
入れ替える設備が高額になると費用も増えますが、一戸建て住宅よりも面積が少ないため複数の箇所を変更できます。
水回りだけで300万円以下に収まる点を確認してから、リビングや居室を検討しましょう。
和室も洋室もそれぞれ30~40万円で内装の変更や収納スペースを増やせますが、大規模な間取り変更をおこなったときは100万円くらいかかります。

間取り変更もくわえた一戸建て住宅のプラン

一戸建てでは、キッチンとリビングの仕切り壁を取り除く工事が人気です。
水回りのレイアウト変更や設備の更新とセットにするケースも多く、キッチンだけで100~150万円、リビングも同額が相場になります。
和室や洋室の工事の場合、40~60万円が目安になるなど、マンションよりも高額です。
間取り変更の際、一戸建て住宅はバリアフリー化するプランが多くあり、段差の解消以外に手すりの取り付けなどをおこないます。
階段の場合、手すりの取り付けや滑り止めを設置するだけなら少額ですが、床材を滑りにくい素材に変える場合は10~20万円が目安です。
勾配を変更する際は個々の状況によって相場が異なるため、個別に見積りを依頼します。
このほか、階段下を収納スペースに作り変えるなど、収納場所を増やす工事も可能です。
外回りも一戸建てならではの工事であり、外壁は90~120万円くらいかかります。
ガレージの増設は50~100万円くらい、エクステリアなどの外構工事は60~90万円が相場です。

▼この記事も読まれています
不動産の登記簿謄本の見方についてご紹介!4部構成について解説

予算総額500万円でおこなうリノベーション工事の注意点

予算総額500万円でおこなうリノベーション工事の注意点

費用相場を確認してから実際に工事を依頼する際、500万円がポイントになります。
金額によって対応できる施工会社の資格が条件になるなど、注意点を把握しておきましょう。

工事総額500万円は会社選びのポイント

建設業では、500万円以下は軽微な工事に該当するため、資格は関係ありません。
しかし、材料費も含めた総額500万円以上の工事を受注するには、建設業許可が必要です。
建設業許可は、国土交通大臣や都道府県知事に対して申請しますが、複数の条件をクリアしなければなりません。
建設業許可を得ているかは、国土交通省や都道府県が開設している建設業者の検索サイトで確認できます。
信頼できる会社に任せると安心できるうえ、アフターサービスも万全です。
専門的な視野からのアドバイスを受けるケースも多く、予算以上の充実した工事になります。

築年数が経過した物件の注意点

築年数が30年以上経過した物件は、劣化や損傷が著しいケースが多いのが実情です。
そこで、工事を依頼する際、リノベーション工事ができるかの調査を依頼します。
同時に、耐震性能や耐久性、断熱性の向上を優先すべきかの判断も任せるのが得策です。
そのうえ、診断を受けてから工事をおこなうと、追加費用が不要になるのもメリットです。
床材や壁の張り替え工事の際、内部の劣化がわかると予算内で収めるのは難しいでしょう。
当初予算の500万円で完了するためにも、事前にチェックしてから工事メニューを決めます。

リノベーション工事にローンは使える?

住宅ローンは購入費用を対象としており、リノベーション工事をする際は、リフォームローンです。
所有する物件を担保にするため、築年が経過した物件は資産価値が低く、金融機関の審査を通過できないケースもあります。
そのほか、リフォームローンは、住宅ローンよりも借り入れできる金額は少額で金利は高めの設定です。
ただし、リフォームローンは住宅ローン控除と同様の扱いになり、バリアフリー化や省エネ化工事に対しては、補助金や減税制度も利用できます。
控除を受けるには条件もあるため、工事の相談と並行して金融機関やファイナンシャルプランナーに相談するなど、予算を有効に使いましょう。

▼この記事も読まれています
土地売買における法地とは?有効面積が狭く注意点の多い土地

まとめ

500万円の予算でリノベーションをするとき、マンションと一戸建てではできる範囲が異なります。
施工箇所別の費用相場を把握し、工事する優先順位を決めてからほかの工事を組み合わせるのが、予算内で済ませるコツです。
リノベーション工事を依頼する際は、建設業許可を得ている会社を選ぶなどにも注意しましょう。

株式会社LIFE HOMEへの問い合わせはこちら


株式会社LIFE HOMEの写真

株式会社LIFE HOME スタッフブログ編集部

川崎・横浜で快適に過ごせる住まいをお探しなら、センチュリー21 LIFE HOMEにお任せください。賃貸・不動産情報を数多く取り扱っております。不動産購入・物件探しをしている方に情報をお届けできるよう不動産に関連した記事をご提供します。


≪ 前へ|相続税の物納制度とは?利用できる土地の特徴や利用メリット   記事一覧   浸水想定区域とは?家の売却価格への影響や売却時のポイントをご説明|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


東急田園都市線「藤が丘」ハイホーム藤が丘

東急田園都市線「藤が丘」ハイホーム藤が丘の画像

価格
3,680万円
種別
中古マンション
住所
神奈川県横浜市青葉区梅が丘
交通
藤が丘駅
徒歩13分

小田急線「柿生」アーバンビュー上麻生ヒルズ

小田急線「柿生」アーバンビュー上麻生ヒルズ の画像

価格
2,980万円
種別
中古マンション
住所
神奈川県川崎市麻生区上麻生7丁目
交通
柿生駅
徒歩15分

東急田園都市線「鷺沼」新築分譲

東急田園都市線「鷺沼」新築分譲の画像

価格
4,499万円
種別
新築一戸建
住所
神奈川県川崎市高津区久末
交通
鷺沼駅
バス16分 妙法寺下 停歩9分

東急田園都市線「鷺沼」新築戸建て

東急田園都市線「鷺沼」新築戸建ての画像

価格
4,480万円
種別
新築一戸建
住所
神奈川県川崎市宮前区南野川2丁目
交通
鷺沼駅
バス18分 久末 停歩5分

トップへ戻る